ボールの選び方|ボウリングの投げ方

MENU

ボールの選び方|ボウリングの投げ方

 

ボウリング場で貸し出されるボールをハウスボールと言います。ボウリングにとってボール選びは重要なポイントです。たくさんのハウスボールから、自分に最適なボール見つけ出します。

 

ボールの重さ

 

ボール選びは、まず大まかな重さを決めておきます。男性なら12〜14ポンド、女性なら8〜12ポンド程度が一般的です。経験していくうちに自分のベストの重さがわかります。ボールは遠心力を感じられればいいので、重すぎないボールが良いでしょう。

 

ボールを選ぶ際は、重さよりも指のフィット感を優先させます。指がフィットしているとボールの重さは実際よりも軽く感じます。自分のベストの重さのボールでフィットしたものが無ければ、前後の重さのボールから探してみましょう。

 

基準は親指

 

ボールの指穴に指を入れた際に、親指がしっかりと入るかどうかを確認します。次に親指をくるくると回転させてみて、親指が穴の外壁に少しこすれる程度のボールを選びます。

 

滑り止めテープの威力

 

実は、あまり知られていませんが。親指の穴に入れる滑り止めのテープが存在します。ボウリング場のフロントなどで売っているので、興味のある方は試してみてください。投げ心地が全く変わって、投げるのが楽になります。スコアアップの大きな武器になるでしょう。

ボールの選び方|ボウリングの投げ方関連ページ

ウォーミングアップ|ボウリングの投げ方
ボウリングのゲームを始める前、ボールを投げる前は必ずウォーミングアップをしましょう。中高年の方々、普段はあまり体を動かす機会が少ない方は、特にストレッチしてください。
ボールの持ち方と構え方|ボウリングの投げ方
ラックからボールを持ち上げる時は両手で行います。中指と薬指を穴に入れ、最後に親指を差し込みます。そして、ボールは体に近付けて構えます。
スイング|ボウリングの投げ方
実際のボウリングのボールの投げ方を考察します。ボウリングのボールは、腕力で投げる訳ではありません。ボールの重さを感じ、ボールの重力、遠心力を利用してスイングします。また、スイングからフィニッシュまでの基本的な歩数を踏まえ、タイミングよくステップする必要があります。
基本フォーム|ボウリングの投げ方
ボウリングは4歩の助走とスイングのタイミングを合わせて投げるのが基本です。ボールを振り子の要領でボールの重さを感じながらスイング事が大切で、スイングに合わせるように4歩のステップを合わせていきます。