ボールの持ち方と構え方|ボウリングの投げ方

MENU

ボールの持ち方と構え方|ボウリングの投げ方

 

ラックからボールを持ち上げる時は両手で行います。中指と薬指を穴に入れ、最後に親指を差し込みます。そして、ボールは体に近付けて構えます。

 

これらボールの持ち方と構え方は、あまり意識しないかもしれませんが、ボウリングの上達、スコアアップの為にはとても重要な要素となります。特に初心者は間違えやすいので気を付けましょう。

 

ボールの持ち方

 

ボールをラックから持ち上げる際は、ボールの持ち方に気を付けます。良くない例としては、ボールの穴にスッと指を入れ、力任せに片手でグッと持ち上げてしまう事で、初心者に良く見られます。

 

ボウリングは、ボールの自重を利用し、振り子のように慣性の法則を利用して投げます。力任せにボールを持つことで、振り子のスイングが妨げられてしまいます。また、片手・片腕だけに頼れば、筋力・握力の消耗は早くなります。

 

ボールをラックから持ち上げる際は、両手で持ち上げる習慣を付けましょう。

 

指を入れる順番

 

ボールの穴に指を入れる際には正しい順番を守ります。正しい順番とは、最初に中指と薬指を入れて、親指は最後に入れるという事です。ボールが手から離れる際に、親指から抜けるので、親指は最後に入れた方が自然な流れになります。指を入れる順番が、ボールの回転に影響を与えることにもなるのです。

 

構え方

 

ゴルフや野球やテニスなど、およそスポーツと呼ばれる物は、構え方をシッカリと習得します。ボウリングも例外ではなく、正しい構え方を覚える必要があります。

 

ボウリングの構えのポイントは、ボールを体に近づける事、右腕の力を抜く事、膝を軽く落とす事です。ボールは右手の腕力に頼らずに、左手や体を利用して構えます。

ボールの持ち方と構え方|ボウリングの投げ方関連ページ

ボールの選び方|ボウリングの投げ方
ボウリング場で貸し出されるボールをハウスボールと言います。ボウリングにとってボール選びは重要なポイントです。たくさんのハウスボールから、自分に最適なボール見つけ出します。
ウォーミングアップ|ボウリングの投げ方
ボウリングのゲームを始める前、ボールを投げる前は必ずウォーミングアップをしましょう。中高年の方々、普段はあまり体を動かす機会が少ない方は、特にストレッチしてください。
スイング|ボウリングの投げ方
実際のボウリングのボールの投げ方を考察します。ボウリングのボールは、腕力で投げる訳ではありません。ボールの重さを感じ、ボールの重力、遠心力を利用してスイングします。また、スイングからフィニッシュまでの基本的な歩数を踏まえ、タイミングよくステップする必要があります。
基本フォーム|ボウリングの投げ方
ボウリングは4歩の助走とスイングのタイミングを合わせて投げるのが基本です。ボールを振り子の要領でボールの重さを感じながらスイング事が大切で、スイングに合わせるように4歩のステップを合わせていきます。