山本幸治・金子俊之『東大式ローダウン投法DVD』ボウリング高速回転マスター講座

MENU

ローダウン『高速回転』マスター講座

 

販売再開

新販売価格:6,800円

 

2017年9月30日
完全販売終了しました/strong>

 

山本幸治・金子俊之『東大式ローダウン投法DVD』ボウリング高速回転マスター講座は、以下のような思いを持っている方にお勧めの教材です。

  • ローダウンに興味がある
  • アメリカのPBA選手に憧れている
  • スピードもあり、かつ高速回転のボールを投げたい
  • 今の投球スタイルに限界を感じている
  • 大会で勝てるようになりたい

 

ローダウン投法とはいったい?

 

ローダウン投法とは、アメリカをはじめとする世界のトップ選手が多用する投げ方です。このローダウン投法、本来であれば難しいと思われるパワー”と曲がり”の両立を可能にする投げ方です。回転が多く、曲りだけが強ければすぐにガターになってしまそうです。しかし、ローダウン投法による高速回転”の場合、強い回転を維持しながらスピードとパワーが加わる為に、ガターにならずにピンに向かっていきます。高速回転とパワーを両立したままピンに当たるという事で、通常の投法よりもピンアクションが激しくなり、ストライクの確率が一気に高まります。まず、公式サイト内ではローダウンの初心者が陥りがちな間違いを説明しています。

 

むちゃくちゃ曲がる

ボールに回転がシッカリ伝わり、グイングイン曲がり、そしてピンを弾きます。

身体の理にかなった自然なフォームなので、故障を防ぎます。

 

 

 

最も勘違いされやすいのは、ローダウン投法には腕力が必要と思われている事です。特に日本人は、ローダウン投法は、体格の良い選手が投げる投法と思っている方が多くいらっしゃいます。しかし、ローダウン投法はお年寄りや小さな子供でも投げる事が可能な投法なのです。現にアメリカでは、小さな頃からローダウン投法を投げています。それが普通になっています。

 

さて、ローダウン投法という名称は、プロ・アマを問わず、ボウリングに取り組んでいる方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?しかし、日本ではさほど普及されていません。それは、実際にローダウン投法を教える場所が少なく、学べるチャンスが限られているからです。その為か、ボウリングの世界大会では、ローダウン投法を普通に投げるアメリカ選手に歯が立たず、実際にアメリカPBA選手が上位を独占しています。

 

我々が通常と思っている従来の投法とローダウン投法を比べると、得られるであろうスコアのポテンシャルが大きく異なります。この教材DVDでメイン講師を務める金子俊之プロは、ローダウン投法を身に付ける事によって、一気にシードプロへと駆け上がりました。プロであってもアマチュアであっても、現在の投法に限界を感じている方や大会などで勝ちたい方は、今やこのローダウン投法は必須のスキルとなっています。

 

 

販売再開

新販売価格:6,800円

 

2017年9月30日
完全販売終了しました